四国旅・石鎚山(1982m)

016.gif岩峰の山として有名な石鎚山。やっと機会に恵まれ挑戦です。
a0158236_1238111.jpg
標高約400mからロープウェイで6合目(約1300m)まで登ります。
a0158236_9353795.jpg

山頂成就駅から20分。石鎚神社成就社。
a0158236_9483746.jpg

霧がかかっていて石鎚山は見えませんでしたが、
山全体が御神体ということから、ここから山を拝みお参り出来ます。
a0158236_9434971.jpg

大きな山門をくぐって山道に入っていきます。
a0158236_11323331.jpg

山門から緩やかに下って行きますと大きな鳥居があります。
山に登れない人の為にここでお参りすることが出来ます。
a0158236_9472828.jpg

しばらくは森林の緩やかな道を登て行きます。とても涼しく爽やか。9月は花もすくなく、紅葉には早すぎて見所は少ないですが、静かな山旅を楽しむことができると気づきました。
a0158236_1129266.jpg

a0158236_1002539.jpg

石鎚山は霊山。沢山の修験者の方たちも登られていました。階段は細かくご年配の方にも優しく登られるように作られていました。
a0158236_104814.jpg

a0158236_1073522.jpg

ここから石鎚山ならではの、鎖場の連続です。017.gif試しの鎖、1の鎖、2の鎖、3の鎖とあります。大きな鎖に手や足を使って登っていきます。ドキドキです。017.gif
a0158236_10163171.jpg

a0158236_1012264.jpg

登って、登って登る。033.gif
a0158236_1015567.jpg
a0158236_10154795.jpg

試しの鎖のたどり着いた先は小さな祠がありました。
a0158236_1021938.jpg

登るよりまた下りもそれ以上に困難を極めました。ご注意あれ。031.gif
a0158236_11225492.jpg
a0158236_10243042.jpg

祠があった岩。
a0158236_11313685.jpg

山頂駅から1時間30分・夜明け峠。
a0158236_1028119.jpg

可愛いリンドウの花にほっと一息。
a0158236_10285960.jpg
a0158236_10294149.jpg

1の鎖。岩稜はほぼ垂直。長さも50m位ありそうです。022.gif
a0158236_10341271.jpg

オーバーハングしている。何が起きるかわからない。緊張の連続。
a0158236_10361147.jpg
a0158236_10373619.jpg

2の鎖。何やら不気味022.gif
a0158236_10433234.jpg

ここで途中ホールドが見つからず、後から来た人に教えてもらい難を逃れた。忘れられない鎖となりました。
a0158236_10473241.jpg
a0158236_1048664.jpg
a0158236_10484580.jpg
a0158236_10493795.jpg

想像以上の長い鎖場。登ることも、引き返すこともできない、命懸けの岩稜となりました。
岩はあまり滑らず、体をなるべく岩から離し、怖がらずに鎖を頼りに登ていけました。
ありがとう山の神様。
a0158236_10563534.jpg

3の鎖は、登山禁止中。鉄骨階段の迂回路より山頂に。
a0158236_11541041.jpg

a0158236_10593288.jpg
a0158236_111294.jpg
a0158236_1115835.jpg

3時間30分山頂本殿
a0158236_1133763.jpg

さらに最高峰天狗岳に。(約20分)
a0158236_1142683.jpg

a0158236_1164210.jpg

視界はあまりよくなかったですが、とても達成感はありました。
鎖をよじ登ることにより、山と一体になる感じがしました。忘れられない山行となりました。
a0158236_1113555.jpg

帰りも同じ道をかえります。約2時間。ロープウェイは20分毎に出ています。
西日本最高峰の山、また信仰の山としても人気の高い石鎚山。016.gif
岩稜が険しく、特に鎖場は、北アルプス穂高岳、剣岳にも匹敵すると言われ、
なかなか登るには難しと思っていました。でも鎖場にも迂回路が有り、修行者をはじめ多くの地元の方々にも愛されている山と知り、特に山頂の奥の宮では信仰登山の素晴らしさを感じました。
今度またいつか天気の良い時に登りたいと思いました。
トラックバックURL : https://miyabi100.exblog.jp/tb/16456334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by egreen100 | 2012-10-04 20:00 | 山ガール | Trackback | Comments(0)

新潟県南魚沼市宮ノ下花屋フラワーギフト・ガーデニング・エバーグリーンTEL025-783-3292


by egreen100