旬をいける・早秋.宿り木

171.png秋を見つけに野山に。はてしなく広がる花材の宝庫
花材・ブナ、花ナス、寄り木

a0158236_11355291.jpg


a0158236_11365274.jpg
初めて寄り木を生けてみました。水揚げもなく、ただ花瓶に置いておくだけで、水もいらない
葉先に可愛い今は緑色の実をつけています。11月~12月になりますと黄色に色ついて行きます。
ブナの紅葉には少し早いですけれど、季節の移り変わりを、感じて頂けたら嬉しいです。
花ナスはシンプルな生花に明るい灯を添えるように、なくてはならない秋の花材です。

a0158236_11571004.jpg
宿り木はとても縁起物ということから調べてみました。
ヤドリギの持つ力には、様々な言い伝えがあって、雷除けや、悪い存在から子供を守る魔除けなどにも利用されているのだそうです。

さらには現実的な薬効も存在しており、ドイツなどでは循環器系の疾患や腫瘍の処置にも利用されているそうです。実際、抗がん剤治療のかわりにヤドリギの実の注射をすることによって、癌を克服した人もいるほどです。

そして、表題に書いたようにヤドリギには、「愛の木」という側面もあります。クリスマスの季節に、ヤドリギの下にいる若い女性はキスを拒むことができない、という言い伝えがあるのです。もし、キスを拒んでしまうと、翌年は結婚のチャンスが無くなってしまうというのです。この言い伝えが発展して、恋人同士がヤドリギの下でキスをすると結婚の約束を交わしたことになり、ヤドリギの祝福が受けられるということになったようです。

日本ではほとんど知られていない風習ですが、ヤドリギを飾っている地域では、意中の相手が通りがかるのを、ヤドリギの下で待つ女性がいるとか?

妖精が宿り、幸運を運んでくれる素敵な愛の木、「ヤドリギ」。今の季節ですと、日本でも比較的見かけることができると思いますので、もし見かけたら妖精の存在を感じて、祝福を受け取ってみて下さい

不思議な植物101.png


[PR]
トラックバックURL : https://miyabi100.exblog.jp/tb/237800065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by egreen100 | 2017-09-27 11:52 | Trackback | Comments(0)