109.png
a0158236_11311491.jpg
a0158236_11332162.jpg
南天、サンゴ水木、季節外れの紫陽花、ツル梅もどき、月桂樹など。
a0158236_11413334.jpg
窓に目を上げれば夕陽に輝く八海山鉛色の空とのコントラストが余計美しく八海山を浮かび上がらせています。

柿の残実が晩秋から初冬への移り変わりを映し出しています。
a0158236_11460616.jpg

[PR]
# by egreen100 | 2017-12-21 11:51 | フラワーショップ | Trackback | Comments(0)

初冬の潤い

101.pngクリスマスのリースで暖かい演出
初雪が降り久しぶりの朝日。周りの山々は銀色に輝いて美しい南魚沼の景色です。a0158236_14430998.jpg


a0158236_14345390.jpg


[PR]
# by egreen100 | 2017-11-22 14:48 | フラワーショップ | Trackback | Comments(0)

a0158236_15435432.jpg
a0158236_15451911.jpg
ツルウメモドキの赤い実がとても眩く秋空に映え渡り美味しそうな富有柿と共に晩秋を演出してみました。



自然の天燃芸術見事なツルウメモドキ
a0158236_15511584.jpg

[PR]
# by egreen100 | 2017-11-16 15:55 | フラワーショップ | Trackback | Comments(0)

171.png秋を見つけに野山に。はてしなく広がる花材の宝庫
花材・ブナ、花ナス、寄り木

a0158236_11355291.jpg


a0158236_11365274.jpg
初めて寄り木を生けてみました。水揚げもなく、ただ花瓶に置いておくだけで、水もいらない
葉先に可愛い今は緑色の実をつけています。11月~12月になりますと黄色に色ついて行きます。
ブナの紅葉には少し早いですけれど、季節の移り変わりを、感じて頂けたら嬉しいです。
花ナスはシンプルな生花に明るい灯を添えるように、なくてはならない秋の花材です。

a0158236_11571004.jpg
宿り木はとても縁起物ということから調べてみました。
ヤドリギの持つ力には、様々な言い伝えがあって、雷除けや、悪い存在から子供を守る魔除けなどにも利用されているのだそうです。

さらには現実的な薬効も存在しており、ドイツなどでは循環器系の疾患や腫瘍の処置にも利用されているそうです。実際、抗がん剤治療のかわりにヤドリギの実の注射をすることによって、癌を克服した人もいるほどです。

そして、表題に書いたようにヤドリギには、「愛の木」という側面もあります。クリスマスの季節に、ヤドリギの下にいる若い女性はキスを拒むことができない、という言い伝えがあるのです。もし、キスを拒んでしまうと、翌年は結婚のチャンスが無くなってしまうというのです。この言い伝えが発展して、恋人同士がヤドリギの下でキスをすると結婚の約束を交わしたことになり、ヤドリギの祝福が受けられるということになったようです。

日本ではほとんど知られていない風習ですが、ヤドリギを飾っている地域では、意中の相手が通りがかるのを、ヤドリギの下で待つ女性がいるとか?

妖精が宿り、幸運を運んでくれる素敵な愛の木、「ヤドリギ」。今の季節ですと、日本でも比較的見かけることができると思いますので、もし見かけたら妖精の存在を感じて、祝福を受け取ってみて下さい

不思議な植物101.png


[PR]
# by egreen100 | 2017-09-27 11:52 | Trackback | Comments(0)

南アルプス甲斐駒ケ岳

101.png三度目の挑戦で甲斐駒ケ岳に登りました。

a0158236_20180750.jpg


午前5時05分戸台口始発バス。あたりはまだ薄暗い

a0158236_20211640.jpg



約50分南アルプス林道をバスに揺られ北沢峠(2032m)

a0158236_20225648.jpg
a0158236_20330257.jpg
原生林の中緩やかにただひたすらに登っていきます。

a0158236_20352826.jpg
約一時間大きな松の下の休憩地。朝の陽ざしが明るく照らしてきました。

a0158236_20410387.jpg
緩やかな登りの先に双児山(2649m)。赤い実に秋を感じつつ、一呼吸107.png8時10分

a0158236_20431411.jpg
今度は駒津峰の登り。
アップダウンを繰り返し高みに。9時00分駒津峰(2752m)
a0158236_20440045.jpg
駒津峰を過ぎると、霧の晴れ間に、でかい鋸山(2685m)が見え始めました。

a0158236_20454875.jpg

六畳岩。これも大きな花崗岩の一枚岩9時30
a0158236_20482914.jpg

a0158236_20493152.jpg
ここからは甲斐駒ケ岳の岩稜が立ちはだかっています。
よく見ますと中央に人が・・・108.png

a0158236_20521217.jpg
岩肌に咲くとうやくりんどう
秋風を感じつつに励まされ109.png


a0158236_20524233.jpg

a0158236_20575886.jpg
巻き道はせず岩稜をやっとの思いで甲斐駒ケ岳山頂(2967m)129.png10時50分


a0158236_20585005.jpg

美しい
a0158236_21023688.jpg
美しい甲斐駒ケ岳の花崗岩の山

a0158236_21031425.jpg
a0158236_21055663.jpg
天気が味方してくれた秋の一日

コースタイム

行き----戸台口バス(5時05分)ー北沢峠(5時50分)(6時05分)ー双児山(8時00分)(8時10分)-駒津峰(9時00分)
-8合目(9時30分)-甲斐駒ケ岳山頂(10時50分)約30分に一度5分程度の休憩を含みます。
帰り---甲斐駒ケ岳山頂(11時35分)-8合目(12時15分)-駒津峰(13時10分)-北沢峠(16時)
北沢峠(16時8分)-戸台口バス停(16時50分)
途中膝痛みにより慎重に下山しました
登り4時間45分下り4時間25分。無事降りて来られて良かったです。
花崗岩の美しい山容が印象的でした。黒戸尾根の8合目の剣が光っているのが見えました。
とても迫力ある岩稜あり、静かな原生林ありの変化にとんだ素晴らしい山でした。




[PR]
# by egreen100 | 2017-09-13 21:36 | 山ガール | Trackback | Comments(0)